QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ghewwdu

2015年09月24日

「私はある程度、イケている」と思っていること、最初は乗り気なのに結局誘われないということ

まだ見た目の印象のみで、中身が分かっていない段階では、食事姿が最初の判断基準になります。女性は「上品に食べよう」としがちですが、男性のホンネは、「おいしそうに食べて欲しい」。

先日発表された『好きな女子アナランキング』で、性機能の改善に効果的な女性用媚薬、大食いキャラの日本テレビ・水卜麻美アナが1位になったように、男性たちは幸せそうに食べる姿を見て誘いたくなるのです。

上品に食べようとして、ごく少量ずつ食べたり、小刻みに噛んだり、時間をかけすぎている女性がいますが、男性目線では「まずそう」に見えるので気をつけましょう。

聞いてもないのに、「私は〇〇でね」と自分の話をはじめる。さらに、性機能の改善に効果的な女性用媚薬、話しながら一喜一憂する。あるいは、みんなで話しているのに食べ続けたり、トイレに立ったりする。

男性はこのようなマイペースな振る舞いを見ると、「この子は面倒くさそうだから、やめておこう」という“逃走本能”が働きます。多くの男性は、気づかいや協調性を女性らしさと結び付けて考えがちなので、ぜひ覚えておいてください。

「こっちはノリノリで話しているのに、全く目を合わせてくれない」、そんなとき男性は、「脈がないんだな」「別の男と話したいのかな」と思ってしまいます。

いくら笑顔で感じよく話せていたとしても、多くの男性は「社交辞令かな」「みんなの目があるからだろう」と受け取ってしまい、ポジティブには考えられないもの。初対面でお互いに緊張しているからこそ、ときどき彼の目をチラチラ見て、ドキドキ感を高めましょう。

最初に「好かれよう」と思って丁寧語ばかりでしゃべっていると、その反動でボロが出やすく、また、印象に残りやすくなるもの。日ごろ女子会で使っているような、「ありえない」「無理」などの否定語、「食えない」「じゃねえの」「バカ」などの乱暴な言葉は、男性に引かれるきっかけになってしまいます。

一方、フレンドリーな言葉は全く問題なし。男性たちの「女性に対するイメージ」を壊さなければいいだけなのです。


Posted by ghewwdu at 20:21│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。